川通の自然

川通周辺の自然や、季節ごとの川通小の様子を紹介します。


 春

元荒川の春
(撮 2010.4.6

桜と菜の花が咲き、暖かな季節の
訪れを知らせています。

川通小の春(撮影 2010.4.8

桜が満開となり、業間休みに
児童たちが楽しそうに遊んでいます。



 秋

川通小の秋(撮影 2010.12.3

校庭の大イチョウが今年もきれいに色づきました。



 冬

元荒川に飛来したコブハクチョウ
(撮影 2010.12.5
末田須賀堰の上流に
コブハクチョウが、昨年の
11月下旬に
初めて飛来しました。

地域の人々に見守られ、優雅な姿を
水面に映しています。

キタミソウ(撮影 2010.12.22
元荒川にある末田須賀堰の上流に
絶滅危惧種1
A類のキタミソウが
生育しています。

大変に小さな植物で、気をつけて
探さないと見つかりませんが、
貴重な植物です。

大切にしたいものです。



末田須賀堰に
設置されている
キタミソウの解説板






サギ(鷺)
川通小の周辺では、よくサギが見られます。周囲の田んぼには、サギの餌となる昆虫などの小動物がたくさん生息し、それを求めて多くのサギが集まってきます。いっせいに飛び立つ様子は圧巻です。